整骨院や整体でマッサージを受け心身ともに健やかになる

オイルマッサージ

整体師になる

 最近アーユルヴェーダという言葉をよく耳にしませんか。アーユルヴェーダとは、心と体、行動や環境など自らの周りの状態すべての調和が健康にとって重要と考えられています。  その前提のもと、心身のバランスをよくするためのマッサージが行われます。    このマッサージでよく使われているオイルが白胡麻油です。匂いも全くと言っていいほど無く、マッサージにも最適な油です。また、スーパーなどの店でも手軽に手に入れることができます。    ただし、ご自宅で使用される場合は、キュアリング(加熱処理)が必要です。  白胡麻油をステンレスや土鍋に入れ、弱火で加熱します。油の温度が100℃になったら、火を止めゆっくりを冷まし、遮光ビンで冷暗所に保存します。また、キュアリングはマッサージの都度行ってください。  自宅で簡単に手に入る白胡麻油ですが、キュアリングをしなければ、抗酸化成分が十分に生成されなく効果が期待できません。  

 先ほどの白胡麻油のキュアリングが十分にできたら、早速自宅でマッサージをしてみましょう。  アーユルヴェーダでは、心身のくつろぎも重要視されています。  まず、マッサージ前に心を静かにする時間を数分もってみましょう。静かな環境が好ましいのですが、自分なりにリラックスできる曲などがあれば、バックミュージックをかけてもいいですね。  心も落ち着いたところで、次に、手のひらで白胡麻油を温めます。手足の先の方から、体に向かって、マッサージをします。このとき、自分が気持ちいいなと感じる程のごく弱い力で行ってください。  また、アーユルヴェーダのマッサージ中は無心になることをおすすめします。しかし、最初は無心になることも難しいものです。まずは、身体と心に向かって「今日も頑張ったね」など自分を励ます気持ちでマッサージをしてみてはどうでしょうか。  マッサージが終わるころには身体が少しぽかぽかと温まる感じがあり、心もリフレッシュできているでしょう。