整骨院や整体でマッサージを受け心身ともに健やかになる

柔道整復師と整骨

気持ちがいいマッサージ

整骨院とは柔道整復師が柔術に含まれる活法の技術に自然治癒力を最大限に引き出す日本独自の治療技術である。施術内容は骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲などの急性、亜急性の外傷に限定される。 整骨院の業務として骨折、脱臼、捻挫などを扱えるのは医師以外では柔道整復師のみである。 柔道整復師のいる整骨院は地域社会に受け入れられ長く親しまれてきましたが、高度に発展した社会のニーズに適応するためには従来の治療法に留まらず、新たな保存的手技療法としての業務内容を確立する必要がある。 整骨院は将来の統合医療の枠組みを見据えて、筋肉、骨格、軟部組織系の運動器系プロフェッショナルとして身体の不均衡、調整を主体とした身体構造機能学として新たに手技を確立する必要がある。

医療の現状が治療のみならず治未病や予防へと視点が移りゆく中で、柔道整復師も社会のニーズに応じた変容も考慮しなければなりません。 従来の治療学からトータルケアとしての柔道整復学を指向し、統合医療の一翼を担うことが期待されています。 例えば運動不足やメタボリックシンドロームなどによる運動器系の脆弱化が、様々な関節痛、腰痛、肩こりな どの慢性痛を引き起こすことが考えられ、これらに対する運動指導、運動療法などで予防的に介入することが可能である。 また内臓機能の低下、器質的疾患などにおいても、筋緊張、硬結、圧痛などの反射性反応が出現しますが、これらの筋肉系への手技療法、治療処置が症状の改善に大きく寄与する可能性がある。 このように柔道整復師は統合医療の一翼を担うことが出来るのである。